岡部俊哉・元陸上幕僚長「川上慶子さんを救出するときに毛布を掛けると、マスコミが撮影のためにその毛布をはぎ取った」 日航ジャンボ機墜落事故現場

【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図 日航機墜落の"地獄絵図"回顧

▼記事によると…

・1981年に防衛大を卒業し陸上自衛官になった私は、事故のちょうど1年前に、千葉県の習志野駐屯地に所在する第1空挺団に配属されました。普通科群普通科中隊(当時)の小隊長として30名ほどの部下を率いる立場で、階級は2等陸尉。まだ独身で26歳でした。

(略)

・ヘリを待ちながら、現場ではホイスト(ヘリからのワイヤによる吊り上げ)準備をしていました。赤十字の医師から、「隊員が直接抱えて上げたほうがいい」と言われて、自衛隊の茶色い毛布で生存者の体を包みました。最初に吊り上げたのは、吉崎美紀子さん(当時8歳)です。毛布に包んだまま、空挺隊員が抱えてヘリに収容しました。

次が当時14歳だった川上慶子さん。彼女を収容したのが、私の相棒だった作間2曹でした。1人目と同じように、毛布で包んで準備をしていると“事件”が起きました。救出される生存者の姿を撮影したかったのでしょうが、なんと、いつの間にか周りにいた報道陣から手が伸びてきて、毛布を剥ぎ取ったんです。「何をするんだ!」と怒りましたが、もうヘリは真上にいてワイヤが下りてきている。仕方なく、作間2曹は毛布無しで川上さんを抱えて吊り上げられました。

(略)

・マスコミにも腹が立ちました。川上さんの毛布を剥ぎ取ったこともそうですが、遺体の写真ばかり撮る輩もいて、思わず「いい加減にしろ!」と叱ったこともあります。とはいえ、14日の昼頃、ある新聞記者が持ってきた朝刊を見た時は、やっぱり嬉しかった。そこには、川上さんを抱えてヘリに向かう作間2曹の写真が1面に載っていたのです。

(略)

2020年08月12日 05時56分
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-757404/

岡部俊哉 プロフィール


岡部 俊哉は、日本の陸上自衛官。第35代陸上幕僚長。
生年月日:1959年2月5日 (年齢 61歳)
岡部俊哉 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

絶対に許せない

あの時の川上さんの怯えた表情が今でも思い出される。その後も心ない大人のせいで、さぞ苦しんだろうと思います。看護師さんだったか?ご立派になられ、素晴らしいご家庭で過ごされておられると思います。人として許されない行動に対しては、相手がなんであろうと毅然と向かっていきたい。

ヘリに吊り上げられる慶子さんの姿に思わず生唾を飲んでしまったのは僕だけではなかろう。救出後彼女は一切表に出ずにプライバシーを守り通した。報道は実に恐ろしい。今もエスカレートが止まらない。

そうだったんですね…なぜ、あの薄着のまま乗せられたのか写真見て不思議に感じていました

マスコミですから、情報の作為は得意技です。

あとは自衛隊が悪いと印象報道でしたね。丁度、ニュースステーションが始まった頃ではなかったか?

現在のマスコミの様子を、彷彿とさせる

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事