ロシア軍、迎撃困難な極超音速ミサイル「キンジャール」でウクライナ軍施設を破壊

ロシア軍 極超音速ミサイル「キンジャール」で軍施設破壊 発表

記事によると…

・ロシア軍は、音速をはるかに超える速さで飛行する最新兵器「極超音速ミサイル」を使ってウクライナ西部にある軍の施設を破壊したと発表しました。

・ロシア軍は予想以上に苦戦しているとされるなか、軍事力を誇示したい思惑もあるとみられ、今後、攻撃を一層エスカレートさせることが懸念されます。

・ロシア国防省は19日、西部イワノフランキフスクにあるウクライナ軍の地下の弾薬庫に対し、極超音速ミサイル「キンジャール」を使って破壊したと発表しました。

・音速をはるかに超える速さで飛行し、迎撃が非常に困難とされる極超音速ミサイルが今回ウクライナで使用されたのは初めてとみられます。

・一方、両国は14日からオンライン形式で停戦交渉を進めています。

2022年3月19日 18時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220319/k10013542001000.html

動画を見る

3K95 キンジャール


3K95 キンジャールは、ソビエト連邦が開発した個艦防空ミサイル・システム。NATOコードネームはSA-N-9 ガントレット、輸出向け名称はクリノーク。なお、「キンジャール」とはコサックの用いる短剣、「クリノーク」とは刀身の意味である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

本当に軍施設なのか疑わしい😡

飛んでくる音聞こえないとか…

黒電話が張り合って飛翔体(笑)発射しそう

ミノフスキー粒子を早く実用化してくれ!

マッハ10!

恨まれる事を次々と。

なんでウクライナの空に防空軍所属の迎撃戦闘機がいるんだ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認