謎の森林買収… 外国資本は中国を筆頭に英領バージン諸島やシンガポール

謎の森林買収に中国の影 租税回避地の法人を駆使

記事によると…

・安全保障上重要な土地の買収対策となる土地利用規制法の全面施行を9月に控え、自民党の高市早苗政調会長は1月24日の衆院予算委員会で、重要な防衛施設に近い土地が中国資本と関係の深い事業者によって取得されていることに言及し、危機感を示した。農林水産省の資料によると、日本の森林を買収している外国資本は中国を筆頭に英領バージン諸島やシンガポールが続く。この英領バージン諸島の背後にも中国の姿が見え隠れしている。

高市政調会長は同日の予算委で、全国の再生エネルギー問題について質問。その中で、「中国資本と関係の深い事業者が航空自衛隊レーダー基地からおおむね35キロに位置する土地を取得。国防上の問題があるのではないか」などと指摘した。

農林水産省は平成18年から毎年、外国資本による森林買収の実態を公表している。それによると、令和2年までに、所在地が海外にある外国法人などに買収された日本国内の森林は278件、2376ヘクタール。買収は中国(香港を含む)がトップで、英領バージン諸島、シンガポールが続く。しかし、「この買収件数などはあくまで届け出があった売買だけ。未届けのケースも多く、実数は把握できない」(北海道庁)という。

(略)

2022/2/6 19:07(有料記事)
https://www.sankei.com/article/20220206-2UCU5VY6ONNMJM2A7GM3IL746Y/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

この記事を防衛大臣がリツイすると言う現実に恐怖を覚える

政治家はなぜ動かない

プリンスホテルが買われたのも、もしかしてそうかなぁ

サイレント・インベーションが着々と進行している・・・怖い

法規制で何とか出来ないものでしょうか?戦争をせずに国が乗っ取られてしまいます‼︎

外資には所有権じゃなくて貸借権のみにするべきかと。

ただ、こういうのが意識されるようになった。こうなると、今の時代はギリギリセーフ。なんとかなる。むしろ今向こうがヤバくなってるし。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認