「段々真っすぐ歩けなくなる」米倉涼子さんが難病との闘いを告白

米倉涼子 難病との闘いを告白「段々真っすぐ歩けなくなる」 それでも「病気だけで諦めることは一生ない」

記事によると…

・女優の米倉涼子(46)が31日、NHK総合「ニュース シブ5時」に出演。持病の低髄液圧症候群との闘いについて語った。

・米倉は19年に低髄液圧症候群を発症。「(病気と)付き合っていかなきゃいけない状態になりました」と口にする。この病気は、脳と脊髄の周りを満たす髄液が漏れることによって、頭痛、めまい、首の痛み、耳鳴り、視力低下、全身倦怠感などの症状が現れる。また、治療法や診断方法も確立されておらず、完治が難しいと言われている。

・米倉
「段々真っすぐ歩けなくなるんです。走ったり回転したりすると、どこが正面か分からなくなってきたりとか、倦怠感とか、やる気がみなぎらない。頑張らなきゃいけないのに何かおかしいとか、すぐにしゃがむとか…」

「(病気の影響で)いつセリフを間違えるかも分からないし、いつ転ぶかも分からない」

「ちょっと不安です」

「挑戦できることはしたい」

「他のダンサーたちもケガが多かったり、ボルトを入れながらやってたり、それでも楽しんでやってらっしゃる方がたくさんいるから、それ(病気)だけで諦めるということは一生ないと思います」

1/31(月) 19:26
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f7a4d6189546a0d9366d2e2b782f5075fbfcd30

関連動画

米倉涼子


米倉 涼子は、日本の女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。27年間所属したオスカープロモーションを退社し、2020年4月から個人事務所「Desafio」に所属。松田秀知の作品に携わることが多かった。
生年月日: 1975年8月1日 (年齢 46歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

なぜ「新聞記者」の仕事を引き受けたのだろう…

自分で自分の身体の手術出来ないしね。

私はこの病気ではないのですが、めまい感があって日常生活を楽しめなくなっています。精神を病むとかではないけど、ちょっと怖くて自分で制限をかけてしまっている感じです。率直に言って、これだけ症状があるのにあんなにお仕事できるとは凄すぎる…。とくにステージに立つのは本当に凄い。私ももう少し頑張れるかもしれない。

それは凄いショックです。

いつかきっとよくなる!いい薬が出来る!医学は物凄く進んでます!諦めないでいきましょうね!私も諦めません。

めまいは本当に辛い。傍目では元気そうに見えても、これだけは本人しかわからない。私もいつも船酔い状態。気分が良い時なんて、年にトータルで1ヵ月位しかない。

目眩は辛いですよね。傍目には倒れたりでもしない限り気づかれる事もないし。いつまでもスタイル良くて美しく活躍されて人生謳歌してる人だと思いましたが、とても努力もされてる方ですね。治療法が無いとの事ですがどうにか良くなるといいですね。

日本のニュースを24時間配信(ANN)



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認