【原爆忌】共産・志位氏「核兵器禁止条約の早期発効を。日本政府は署名、批准せよ!」

志位和夫議員のツイート

この日に広島で早朝、追悼の献花をするたびに思う。

8時15分という、人々の出勤時を狙っての原爆投下の非道さを。

このような非人道的惨禍を決して繰り返してはならない。

その唯一の保障は、地球上から全ての核兵器を廃絶することにある。

核兵器禁止条約の早期発効を。日本政府は署名、批准せよ!


志位和夫 プロフィール


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日:1954年7月29日 (年齢 66歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

本当に同意見です!

日本政府に言ってどうするんだ

現状、「核」は必要。確かに核は恐ろしい。しかし現状平和を維持するためには抑止力としての核が必要。もし次、核が落とされる国があるとすれば、それは核報復のできない弱小国です。時代に合った平和維持の方法を考えなければ、悲劇は繰り返すかもしれない。

日本が核兵器禁止条約に署名したら、アメリカとの関係はどうなる?

被爆国であるという立場を使ってもアメリカ・ロシア・中国が核兵器廃絶に動くとは思えない。

習近平に言え!

今核を持っている国が全部放棄したら署名しても良いと思います。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認