「自信がついた」26回の整形で“理想の唇”を手に入れた女性が変わり続ける理由

「自信がついた」26回の整形で“理想の唇”を手に入れた女性が変わり続ける理由

記事によると…

・ブルガリア在住のアンドレア・イワノワさんは、Instagramで1万人以上のフォロワー数を誇る24歳。彼女が注目されている理由は、チャームポイントでもあるその唇。これまで26回の施術を行ってきた彼女の、今に至るまでのストーリーとは――。

・「『唇が大きすぎる』というのは誰にも判断できないことだと思います。人それぞれの価値観があるので」

「大きい唇が好きな人もいれば、小さい方がいいと言う人もいます。でも、私には関係ない。なぜなら、私がどうしたいかが大切だから」

アンドレアさんは、施術を続けていくことについて「心配していない」と話し、唇以外にもあごのラインなどの整形手術を行ったり、今月27回目のフィラーを注入したりする予定なのだそう。

12/13(月) 21:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/188076ad41ad2ea390d8c12050d41a8ea158c3f1

andrea88476さんのインスタグラムより

この投稿をInstagramで見る

 

Andrea Ivanova(@andrea88476)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Andrea Ivanova(@andrea88476)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

Andrea Ivanova(@andrea88476)がシェアした投稿

美容外科学


美容外科学(びようげかがく、Cosmetic Surgery、Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

本人が良ければそれでいいが、個人的には最初が良いのでは!

皮膚科・美容外科で看護師してました。私個人としては、ここまで来たら病気だと思いますし、実際このように桁外れな顔を希望される患者さんは、施術をお断りしていました。本人がいいならいいじゃん、って言う気持ちもわかりますが、行くべきところは美容外科ではなく、精神科だとお伝えしてあげることも大切かと思います。

 

美的センスとは人それぞれだから本人が良ければそれでいいと思います。しかしながら唇も気になるけど、眉毛もこれまた気になる。笑

おかしい事はおかしいって言ってあげるのは批判?優しさだと思うけどなぁ

元の方が私は好みだな。でも本人がどう思うかが大切だから、結果自信がついて良かったなと思う。でも元の方が私は好みだな。

本人が良ければ他人がとやかく言うことではない。自分らしく生きることが一番大事…!

本人がそれで納得してるならイイんじゃね? 好みかどうかは人それぞれだしね。

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼