皮膚科医「イソジンうがいは無意味どころか有害なので信じないで。喉の粘膜を傷つけ、水うがいより4割風邪感染が増える」

やさしい皮膚科医さんのツイート

【イソジンで新型コロナ予防?】

吉村知事が「イソジンうがいで唾液中のコロナが減る」と会見

唾液中のコロナを減らしても、既に喉の粘膜等に侵入しており無意味

実際はイソジンは粘膜を傷つけ、水うがいより4割風邪感染が増えると既に報告済・・

無意味どころか有害なので信じないで下さいね☺

吉村洋文 プロフィール


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪府知事、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長、衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長、大阪維新の会政務調査会長などを歴任した。大阪市在住。175㎝。
生年月日:1975年6月17日 (年齢 45歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

しかも常用すると「ウォルフ・チャイコフ効果」で甲状腺機能低下を起こす危険性もあり。

テロです・・せめて塩水くらいにしておけば良かったのに。

もう手遅れかもしれません。

イソジンは国内生産なので、国外に頼っているマスクとは違い、流通に余裕がありますから。それを知らずに買いに走るのは、やめて欲しいですよね。

ポルシェが効くって言ったらみんな買いそう

知事がイソジンのCMまでやるのか‼️すごいな❗️大阪❗️昔は楽しかったよ😥

次は、正露丸とキンチョールの蚊取り線香が怪しい。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします