日韓外相が初めて立ち話 元徴用工問題など韓国側に「適切な対応」を求めるも平行線

日韓外相が初めて立ち話 元徴用工問題など平行線

記事によると…

・G7=主要7カ国の外相会合に出席するため、イギリスを訪問している林外務大臣は、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と就任後、初めて立ち話をし、元徴用工や慰安婦の問題を巡って平行線に終わりました。

・外務省によりますと、このなかで林外務大臣から旧朝鮮半島出身者の労働者問題や慰安婦問題について、日本側の立場を説明し、韓国側に「適切な対応」を求めたということです。

12/12(日) 13:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/c00d4d3119815f9b02fcfd584f26764eb7c9c39e

林芳正


林 芳正は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、外務大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位。 参議院議員、参議院外交防衛委員長、防衛大臣、参議院政府開発援助等に関する特別委員長、同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、同環境委員長、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣、文部科学大臣などを歴任した。
生年月日: 1961年1月19日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そもそも話すらする必要がない。レーダー照射問題の様に、論点をすり替えてまで日本を貶めようとする国と付き合う必要がどこにあるのか。最低でも期限を決めて、それでも何も反応しなければ制裁を課すなどすべきでは?

岸田さん曰く韓は重要な隣国・・過去から前向きに対応せず、回答さえ反故にしてきた隣国、こちらからは話題を持ち掛けないほうが良いし、立ち話さへ時間の無駄だと思う。

「約束守れ」「イヤだ」……なるほど。通訳の手間と時間を考慮したとて、立ち話で十分可能な内容だ。

約束を守らない国とは交渉そのものが無意味。時間の無駄。何か言ってきたら 輸出禁止品目を5個ずつ増やしてやればよい。韓国が一言うたびに5個ずつだ。

お互い、今年以上に疎遠でありましょう。って確認であれば良いが。

韓国とは、韓国が色んな事を是正しない限りは立ち話程度で十分。隣国なので、一応、近所のよしみとして挨拶程度はする大人な対応。

立ち話!!笑



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認