神戸新聞『昭和の遊郭一斉閉店 尼崎「かんなみ新地」 営業70年で初の警告』

昭和の遊郭一斉閉店 尼崎「かんなみ新地」 営業70年で初の警告

▼記事によると…

・「かんなみ新地」と呼ばれる兵庫県尼崎市神田南通3の風俗街に対し、尼崎市と尼崎南署が風営法に基づく警告をしたことが、関係者らへの取材で分かった。

いわゆる遊郭として約70年前に営業が始まったとされ、警告が出されるのは初めて。

一帯の31店は一斉に閉店したが、機を見て再開する可能性もあるとみて市や兵庫県警は注視している。

2021/11/3 19:40
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202111/0014814614.shtml

かんなみ新地


かんなみ新地は尼崎市にあるちょんの間が複数ある場所。三和本通商店街に隣接している。飲食店の形態をとりながら、実態は女性従業員による性的サービスの提供していることで知られる。 31店舗が営業していたが、令和3年11月1日、尼崎市と尼崎南署による風営法に基づく警告を受け、同日一斉閉店した。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ゲッ…!時代の波が来たか

70年以上前からあるんだ!!阪神尼崎駅〜出屋敷駅までの間にある不思議な雰囲気。仕事でよく通ってたけど、
昼は古びた家屋が並ぶ一帯で、夜はものすごく異質な雰囲気だと聞いたことがありました。

東京にはこんなところないな⋯

室外機の積み方すこ

風営法の許可を取って続いて欲しい

尼崎にもあったんだ

こういう昔ながらの感じがあるのもいいと思うけどね 治安だの法律だのが大好きな人が多いのもどうなんだか

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。