立民・生方氏「拉致被害者は生きていない」→ 拉致被害者家族会と支援組織が抗議声明

「拉致被害者は生きていない」と立民・生方氏 家族会など抗議

▼記事によると…

・立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。

声明では「すべての拉致被害者の救出のため心血を注いできた被害者家族、支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒涜(ぼうとく)だ」と非難した。

2021/10/11 09:52
https://www.sankei.com/article/20211011-PDZ6HDJ6HRNDTGFMIESBOL4VUI/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

動画を見る

生方幸夫


生方 幸夫は、日本の政治家。衆議院議員。ジャーナリスト、経済評論家。立憲民主党千葉県連代表。 環境副大臣、衆議院環境委員長、衆議院決算行政監視委員長、消費者問題に関する特別委員長、民主党副幹事長、民主党幹事長代理等を務めた。
生年月日: 1947年10月31日 (年齢 73歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

亡くなっているとか人の命を軽々しく言う立憲は最悪です

衆院選前に立憲の支持率を壊滅させる動きが内部から出るとは

・・・ハニトラされてそう。。

正体を現したな 被害者の感情を考えない発言

比例代表てほんと要らん制度だわ 国会議員としてあるまじき発言

立憲はこれだから。 選挙前にやらかしたな。

衆院選、落選運動リスト入り

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。