牧島デジタル相、文春報道のNTTからの「5万円コース接待」認める

牧島デジタル相、NTTからの接待認める 「5万円コース」報道

▼記事によると…

・牧島かれんデジタル相は8日の閣議後の記者会見で、大臣就任前の2019年6月と20年6月の2回、NTTから接待を受けたことを明らかにした。週刊文春が報じた内容を認めた形で、「意見交換するのは一議員として政治活動の中で大事なことだと受け止めている」と述べた。

週刊文春によると、会食の相手はNTTの秘書室長で、牧島氏は1人5万円のコースで接待を受けたとされる。牧島氏は会見で「勉強のために意見交換をした」と説明。今後については「デジタル大臣として規範を守り、コンプライアンスに順守した形で活動していきたい」と述べた。

2021/10/8 11:41
https://mainichi.jp/articles/20211008/k00/00m/010/112000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

牧島かれん


牧島 かれん は、日本の政治家、政治学者。自由民主党所属の衆議院議員、デジタル大臣、内閣府特命担当大臣、行政改革担当大臣。 自由民主党青年局長、内閣府大臣政務官を歴任。
生年月日: 1976年11月1日 (年齢 44歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

意見交換が必要なのはわかったけど、食べたらお金払うのが当たり前ってのは知らんの? 議員先生になったらどこで食べてもタダになるとか思ってるの?

政治家には「業者に奢ってもらうのは当然」という意識をキッパリ捨てていただかねばなりません。もう慣習になっちゃってるんでしょう。ダメです!

ワイルドだろ~

これを朝日新聞の記者がリツイートしているんだけど、朝日新聞社だって首相や自民党幹部と飲み食いして、それを意見交換とか取材と言っているよねえ。

意見交換とタダ飯には、何ら因果関係は無いですよね。業者のタダ飯には、口利き、優遇等の利権との因果関係はありますが。NTTの大株主は政府、政権与党の国会議員は、NTTから接待されるのは株主への利益供与と同等では?

一般常識がない人は政治家ならないでほしい。

接待を受ける事がデジタル大臣の重要なお仕事らしいですね

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。