【対中国】岸田総理「中国とは安定的な関係を築いていく事が…」→ ネット『弱い。弱すぎる』『やっぱり高市早苗一択やったんやなぁ…』

ピーチ太郎2ndさんのツイート

【所信表明 『対中国』】

岸田総理
中国とは安定的な関係を築いていく事が、両国・地域、及び国際社会の為に重要。普遍的価値を共有する国々とも連携しながら、中国に対して主張すべきは主張し、責任ある行動を強く求めると同時に、対話を続け、共通の諸課題について協力して参ります

関連動画

岸田文雄


岸田 文雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、宏池会会長、自由民主党広島県連会長。 内閣府特命担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自民党国会対策委員長、自由民主党政務調査会長などを歴任。 中小企業庁長官、衆議院議員を務めた岸田文武は父。戦前戦後に衆議院議員を務めた岸田正記は祖父。
生年月日: 1957年7月29日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

弱い。弱すぎる。

凄く期待していた訳ではないです。何となく見えてた。でもあの時、高市先生との2位からの件で、多少の意識の引き継ぎや思いを受けて頂いたと思ってしまった。短命でいい、今はそう言う気持ちです。そして何が何でも高市先生を次期総理に!

安定的な関係を築くってことは今の関係と変わらずということ?

滅亡させねばならぬ敵勢力と安定的な関係などあり得ない。

安定的な関係を持てなくしてるのあいつらだし

なんでだろ?やはり期待薄いですなぁ

あー。やっぱり高市早苗一択やったんやなぁ…(´ω`)トホホ…

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。