大幸薬品、28億円の赤字に… 空間除菌剤「クレベリン」が売れず 評価損17億円を計上

大幸薬品の21年12月期、一転最終赤字 除菌剤で評価損

▼記事によると…

・大幸薬品は6日、2021年12月期の連結最終損益が28億円の赤字になりそうだと発表した。

31億円の黒字だった従来予想が一転して赤字となる。

空間除菌剤「クレベリン」の販売が計画を大幅に下回り、棚卸し資産の評価損17億円を計上する。

年間配当は20円を計画していたが無配にする。

2021年8月6日 20:24
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF068670W1A800C2000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連ツイート

大幸薬品


大幸薬品株式会社は、大阪府吹田市内本町三丁目に本店、大阪市西区西本町一丁目に本社事務所を置く製薬会社である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

クレベリンは消費者庁から何度も行政指導を受けています。まったく効果はありません。 というか、ウイルスに対して効果ある濃度になったら、肺に障害を与えます。

不安につけ込んで売ってた自覚はある模様

救急車にも積んでると言ってた空気清浄機、消臭装置もいい加減だったような

在庫をどう掃くかでめっちゃ営業かけてくるんだろうねえ…

正露丸がコロナに効く!と謳ってれば政府もそんなに非難しなかっただろうに。

インチキ商品だってバレたからな

消費者を騙すことに失敗しただけじゃん。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを