小林賢太郎氏「あってはならないこと」「愚かな言葉選び、間違いだった」 解任でコメント

小林賢太郎氏「愚かな言葉選び、間違いだった」 解任でコメント

▼記事によると…

・組織委が発表した小林氏のコメントは以下の通り。

---------

小林賢太郎と申します。 私は元コメディアンで、引退後の今はエンターテインメントに裏方として携わっています。

かつて私が書いたコントのセリフの中に、不適切な表現があったというご指摘をいただきました。確かにご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに、極めて不謹慎な表現が含まれていました。

ご指摘を受け、当時のことを思い返しました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていた頃だと思います。その後、自分でも良くないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました。

人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったということを理解し、反省しています。不快に思われた方々に、お詫(わ)びを申し上げます。申し訳ありませんでした。

先ほど、組織委員会から、ショーディレクター解任のご連絡をいただきました。ここまで、この式典に関わらせていただけたことに感謝いたします。

小林賢太郎

2021/7/22 12:09
>>全文を読む
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

小林 賢太郎


小林 賢太郎は、日本の劇作家、演出家、元お笑い芸人、元コメディアン、元パフォーマー。スタジオコンテナ所属。
生年月日: 1973年4月17日 (年齢 48歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

20年以上も前のネタで解任されなきゃならんのはおかしい。増して、任命した委員会側に責任などあろうはずがない。もし毎日新聞社の社員が入社する前に問題発言をしていたとしたら、それは毎日新聞社の責任ということでいいのか?

潔いコメント。若気の至りを今更掘り起こされて本当にかわいそう。そこから成長して今があるのに。内容がセンシティブなだけに仕方ないところはあるけど、こういうことで足を引っ張って気持ち良くなってる人がいること含めて今の日本は生きづらい。

って差別主義者だし大量虐殺を笑ってまたやろうかっていう様な人格なんじゃんか。
普通の人間ならそんな事いえないよ。ユダヤ人にまず謝ってこい

小山田は辞任、コバケンは解任。ふーん... コバケンもむしろ楽になって良かったね。

人を傷つけるネタを作ってはいけないよ、その分笑ってくれる人が減ってしまうからね。と何度も教えてくれたのは賢太郎さんなんす。

言葉選びは確かに良くなかったかもしれないけど、問題になっていた表現ってそれを否定する内容で使われてた記憶があるんだけど……

ラーメンズとしての形が確立する前のコントだもんなぁーって感じ( ‘ᾥ’ )

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします