選手村食材懸念の韓国に、福島知事「誤解ただして」

「誤解ただして」 選手村食材懸念の韓国に福島知事

▼記事によると…

・大韓体育会(韓国オリンピック委員会)が、東京五輪選手村の食事に福島県産の食材が使われることを懸念、選手村近くに独自の給食センターを設置したことについて、福島県の内堀雅雄知事は19日「誤解、偏見をただし正しく認識してもらうことが風評払拭の本質」などと述べ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故以降、関係者が続けた努力が理解されないことに悔しさをにじませた。定例会見で記者の質問に答えた。

2021/7/19 19:01
>>全文を読む
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

内堀雅雄


内堀 雅雄は、日本の政治家、自治・総務官僚。福島県知事、復興庁復興推進委員会委員、会津鉄道株式会社取締役会長。元福島県副知事。
生年月日: 1964年3月26日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

誤解ではなくワザとです。あと、アノ国に何を言っても馬の耳に念仏!福島の思いを伝えたいのなら知事が直にTwitterで批判した方が、海外にも届きます。

そんな連中に対し悔しがるなら、有観客にしろや。そもそも復興五輪が謳い文句だったんだぞ。意気地なし!

カロリーメイトでええんちゃう?

誤解じゃなくてこの人達ワザとやっているんですよ!

福島は 美味しいものいっぱい私は桃が好き。他の参加国の皆様に楽しんで欲しい

誤解というより偏見

放っておけばいいです

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします