立憲・本多平直議員の党員資格停止見通しに、妻・西村智奈美議員が嘆願書を配布「そもそも本件は、党内からの情報漏洩というルール違反に端を発している!」

立民・本多平直議員の党員資格停止見通しに妻・西村智奈美議員が嘆願書

▼記事によると…

・立憲民主党内の会合で14歳の子と同意した性交で逮捕されるのはおかしいと発言した本多平直衆院議員=比例北海道=が党員資格停止処分を受ける見通しとなったことをめぐり、本多氏の妻で同党の西村智奈美衆院議員=新潟1区=らが処分撤回を求める「嘆願書」を幹部に配布していたことが13日、分かった。

嘆願書は13日午前に朝日新聞のサイトで「立憲、本多氏の公認内定取り消しへ」との記事が配信されたことを受け、「常任幹事会メンバーの皆さまへ」との題名で、西村氏と津村啓介衆院議員の連名で配られた。

本多氏への次期衆院選北海道4区の公認取り消しなどの処分方針に関し、(1)既に執行部が処分済みの事案であること(2)党内からの情報漏洩(ろうえい)経緯が不透明であること(3)事態の沈静化に逆行すること-を理由に挙げて不当処分と訴え、常任幹事会での熟議と再考を求めた。

・西村氏らは当初の処分が「厳重注意」にとどまっているにも関わらず、第三者委員会の調査結果を受けて政治生命に関わる重大な処分を改めて下すのは「『屋上屋』です」と反論した。

嘆願書では、本多氏の発言内容への評価や論評がない一方、党内ガバナンスに問題があるとの趣旨の記述が目立ち、「そもそも本件は、党内からの情報漏洩というルール違反に端を発している」「どのような経緯で、発言者名がマスコミに流出したかも明らかになっていません」と主張した。

2021.7.13 19:34
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210713/mca2107131934009-n1.htm
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

西村智奈美


西村 智奈美は、日本の政治家、国際関係学者。立憲民主党所属の衆議院議員、立憲民主党新潟県連代表。衆議院議員の本多平直は夫で、戸籍上の姓は本多。 厚生労働副大臣、外務大臣政務官、新潟県議会議員等を務めた。
生年月日: 1967年1月13日 (年齢 54歳)
西村智奈美 - Wikipedia

ネット上のコメント

この夫婦は揃ってコトの重大性を理解していない。

嘆願書?マジ、あり得ない

立憲民主党は政党としてガバナンスがきいてないな。とつくづく思います。

嘆願書の文面を微妙に変えていて、誰がマスコミに流出したのか特定していたら面白そう。

立民の体質が垣間見える流れ。外には厳しく、内には優しいネロナムブルな何処かの方々と同じ思考方法だ。ダブスタ立民は解党した方が良い!

証拠が残る文書じゃなくて、会館を一部屋一部屋まわって頭を下げて、なんとか処分を軽くするよう裏から根回しするものでは。
こんな文書作ったら漏れて叩かれるに決まってるやん。

変な党だな。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします