萩生田大臣、東京五輪の感染リスクをスーパーコンピューター「富岳」で試算 → 結果…

国立競技場の感染リスク スーパーコンピューターで試算し公表

▼記事によると…

・東京オリンピックの観客の扱いをめぐり、萩生田文部科学大臣は国立競技場での感染リスクについて、スーパーコンピューター「富岳」での試算結果を公表し、1万人の観客に10人の感染者がいた場合でも、全員がマスクを着用し、観客の間に空席を設けることで、感染リスクを下げられることを明らかにしました。

・試算では、国立競技場に観客1万人を入れて10人の感染者がいた場合でも、全員がマスクを着用し観客の間に空席を設けることで、感染リスクを下げられるとしています。

具体的には、客席の後方から風が吹いている条件では、感染リスクは限りなくゼロに近く、前方から風が吹いている条件では、感染リスクは少し上がるものの、新規感染者数は1人に満たない程度の結果になったということです。

萩生田大臣は「国立競技場にかぎっては感染拡大は抑えられることが、科学的にも証明できた」と述べ、安全・安心な大会運営に向けて大会の組織委員会と試算結果を共有する考えを示しました。


2021年7月6日 14時12分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210706/k10013121941000.html

萩生田光一


萩生田 光一は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、文部科学大臣、教育再生担当大臣、千葉科学大学名誉客員教授。 内閣官房副長官兼内閣人事局長、文部科学大臣政務官、自由民主党青年局長、東京都議会議員、八王子市議会議員、自由民主党幹事長代行、党総裁特別補佐等を務めた。
生年月日: 1963年8月31日 (年齢 57歳)
萩生田光一 - Wikipedia

ネット上のコメント

行けるね!それなら

バイアスかかりまくったスパコン計算www

まぁ、前提次第やけどな もっと潜伏している感染者がいたら、正しいマスクの付け方をしていなかったら… 理想から乖離する要素は幾らでもあり得る

スーパーコンピュータ(官僚の脳)

ようやくスパコンらしい使い方をしたね

大変説得力がある。ニュースです報道して欲しいものだ。

行きと帰りの電車は?

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします