【河井夫妻買収】自民・林幹事長代理、記者の質問遮る「踏み込まないで」

河井夫妻買収「踏み込まないで」 自民幹事長代理、記者質問遮る

▼記事によると…

・自民党の林幹雄幹事長代理は18日午前、2019年参院選の広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われた河井克行元法相らが代表を務める政党支部に党本部が支給した資金1億5000万円をめぐり、「いろいろと(二階俊博)幹事長も発言しているんだから、根掘り葉掘り、あまり党の内部のことまで踏み込まないでもらいたい」と記者団をけん制した。

林氏は党本部で行われた二階氏の記者会見に同席し、二階氏への質問を遮る形で発言した。

2021/5/18 13:09
https://mainichi.jp/articles/20210518/k00/00m/010/141000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

林幹雄


林 幹雄は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自民党幹事長代理兼自民党選対委員長代理。父は環境庁長官や衆議院議員を務めた林大幹。
生年月日: 1947年1月3日 (年齢 74歳)
出生地: 千葉県 東庄町
林幹雄 - Wikipedia

ネット上のコメント

記者に対して「内部のことに踏み込まないで」と言う政治家。

あまり乱暴な言葉は使うべきではないが、もう、アホか、としか。。

踏み込めば踏み込むほど、自民党にとって都合の悪いことが次から次へでてくるからでしょうね!

厚顔無恥の極み

税金が注ぎ込まれた事件なのだから踏み込んで当然。与党として発言権を主張するなら、それに見合う責任を負わなければならない。

そういうふざけた事は、自民党が税金から何百億円ももらってる政党助成金を国に返してから言いなさい!

だったら政党助成金を返上したら如何か。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします