中国大型ロケット制御不能で落下の可能性、専門家「そもそも制御する気が無い」→ 和田政宗議員「世界の迷惑を考えない身勝手な国」

和田政宗議員のツイート

中国の大型ロケットが制御不能状態で大気圏に再突入する見込みだが、一部は燃え尽きずに落下が危惧される。

そもそも制御する気が無く、落下しても海に落ちる可能性が高いので燃え尽きなくても良いとの考えでは、と複数の専門家が指摘。

世界の迷惑を考えない身勝手な国だ。

和田政宗


和田 政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党政策調査会長・幹事長・党首代行などを歴任。第4次安倍第2次改造内閣に於いて、国土交通大臣政務官並びに内閣府大臣政務官を兼務。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 46歳)
出生地: 東京都 杉並区
学歴: 慶應義塾大学
和田政宗 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

制御不能と言えば何しても良い そういう発想です

やってること北の将軍様と同じですがな…

落ちたところは領土だって言い始めると思う。

他の人の迷惑なんて、考えない民族性 この地球での共存無理でしょう。

最初から制御しておらず、危機感を煽るために敢えてこのタイミングで危機感を煽っているのでは?

本当に迷惑極まりない国ですね。

こんな国が世界覇権を狙っているのは恐ろしいことです。 日本はとにかく尖閣防衛に全力を注ぐべきでしょう。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします