【車いす乗車拒否】伊是名夏子さん「会社全体の改善を願って声を上げただけなのに… まずはどうやったら解決できるのかを考えるべき」

車いすの乗車拒否に私が声を上げた理由 100cmの視界から―あまはいくまはい―(95)

▼記事によると…

・4月1、2日に子ども2人、ヘルパー、友だちの5で熱海旅行に行きました。

・最寄りの来宮駅には階段しかなく、乗車した小田原駅で「ご案内できません」と言われてしまったのです。

・この一件を私がSNSに書いたら、「障がい者なのだから下調べし、駅への事前連絡は当たり前」「狙ってやったに違いない」「駅員さんがかわいそう」「感謝の気持ちが足りない」と炎上し、15年以上前の私のブログを引用し、誹謗(ひぼう)中傷も。SNSの私のパスワードを操作しようとしてきたり、嫌がらせのアカウントを作成されたり、非通知着信もありました。

駅の構造は歩ける人が優先されていて、駅員の対応も車いす利用者を想定していないと感じました。対応した駅員を責めるわけではなく、会社全体の改善を願って声を上げただけなのに。障がい者が不利益を感じた時には、その権利を守る法律、障害者差別解消法があり、今回のようにエレベーターがない駅では、代替手段を提供する努力義務もあります。

エレベーターは、ベビーカーや高齢者、大きな荷物を持つ旅行者も使います。50年前の障害者のエレベーターを作る運動のおかげで、多くの人の便利さにつながりました。

エレベーターを作るにはお金もかかるし、車いすを持つ人の安全も、持たれる人の安全も考える必要があります。まずはどうやったら解決できるのかを考え、選択肢を一つでも多く用意することから始まります。その議論こそこれからです。

2021年04月30日
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1308128.html

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

クリエーターだと企業にどんな難題をつきつけてもいいということ?自称クリエーターとなのればクレーマーも許されるのか 同じ手を使う人が増えないことをいのるわ マス非着用の人が同じを事いいそうだ

車椅子利用者が自由に移動する権利の為のエレベーターより、視覚障碍者の命を守るホームドア設置の方が先だと思います。あなたの問題は事前連絡で解決します

声を上げるにしても伊是名夏子氏のやり方では非難殺到するのは必然です。

琉球新報が載せてるって時点で眉唾だけど、社民党の理事には理解できないようで もう一度「なんで叩かれてる(ように感じる)か」を考え直すべきだと思うけどね

あなたは何も間違ってません!! この国が間違ってるんです!!

おかげでメシの種にできて、万々歳じゃないか。ほんと反省すらできない人なんだな。しかし琉球新報って社民党の常任幹事にコラム書かせてるの凄いなw

障害を無敵の盾にしてやりたい放題な悪質過ぎるクレーマーだろ… こいつみたいなクレーマーを取り締まる法律こそ望まれる。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします