「僕らが助けなければ」踏切で倒れてもがく自転車の男性、救助した中学生6人に感謝状

踏切で倒れてもがく自転車の男性、大人は傍観…中学男女6人「助けなければ」

▼記事によると…

・越谷市立北中学校の生徒6人が、埼玉県警越谷署から感謝状を贈呈された

・修了式が終わった3月26日午前10時40分頃、中学1年を同じ教室で過ごした仲良し6人は、東武伊勢崎線大袋駅近くの公園で待ち合わせていた。すぐ近くの踏切で「ガチャン」と音がしたので見ると、男性(64)が自転車を体の上に乗せて倒れているのが見えた。

 6人はすぐに、公園から踏切に駆けつけた。周辺を見ると、何人かの大人は倒れた男性を傍観しているだけ。「電車が来たら大変だ、僕らが助けなければ」。誰からともなく力を合わせ、起き上がろうともがく男性に「大丈夫ですか」と声をかけながら立ち上がらせ、自転車と一緒に踏切の外に出した。その後、男子生徒の1人が駅前交番に走った。

 「いつ電車が来るか分からないので怖かった」と交番に走った男子生徒は振り返るが、「誰も助けてくれないなら自分たちでやらなければと思っただけ」と話す。

2021年4月18日 9時23分
https://news.livedoor.com/article/detail/20046116/

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

全員無事で良かった。

大人はダメだな。

大人になるといろいろあるからな。

アベンジャーズかよ…

素晴らしい勇気!

一部の大人よ………

近くにいた大人は非常ボタンくらい 押せよ

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします