沖縄県、首里城再建の支援金で中国皇帝ゆかりの額 復元へ

首里城再建の支援金 中国皇帝ゆかりの額 復元に活用で調整

▼記事によると…

・県は首里城再建のために寄せられた支援金を活用して、火災で焼失した中国の皇帝にゆかりのある木製の額を復元する方向で調整を進めています。

首里城の正殿内には国王が使う「玉座」が置かれた部屋の上部に、琉球王国時代、中国の皇帝から贈られた書の文字が書き写された木製の額が3つ展示されていましたが、おととしの火災で焼失しました。

この3つの額の復元に向けて県は、首里城の再建のために国内外から寄せられたおよそ51億円の支援金の一部を活用する方向で政府と調整を進めています。

03月18日 07時25分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20210318/5090013524.html

動画を見る

関連ツイート

twitterの反応

ネット上のコメント

募金しなくて良かった。

知事が玉城のうちは、こんな感じなんだろうね

琉球王の玉座に飾られた物。歴史的な背景からそうなるのも当然では。

募金に参加しなくて本当に良かったです

流用しちゃって大丈夫なんですか

やっぱり、という思いでいっぱいです。

そんなんだろうと思ったわ デニーやぞ

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認