河野大臣、コロナ対応職員の残業378時間を批判「黒を通り越してる」

河野大臣「黒を通り越してる」 残業378時間で批判

▼記事によると…

・1カ月の残業時間が378時間に上る職員がいたことが明らかになりました。

国家公務員制度担当・河野大臣:「それ月で(300時間超え)?相当ひどいですよね。もう黒を通り越してるなっていう感じですね」「(Q.どう対応する?)関係部署にしっかり対応してもらわんといかんと思います」

槍玉に上がったのは、西村大臣の元にある新型コロナ対策推進室です。

3/5(金) 19:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba143b672635275a8cd8370cfaa294ad5ea0f022

twitterの反応

ネット上のコメント

議員の公設秘書や政策秘書がやるべき事を官僚にやらせるからだ。

なくてもいいので成果をあげて欲しいですね。

自身の命が最優先。改善を品質管理思考で管理者は守ることを、決める、伝える、教育する。守っていることを確認し、守らなければ叱り、守らせる。守れない決め事は守れる決め事に変える。従事者は、意識を持ち守る。覚悟

これは家に帰っていないのではという驚いている人がいるが、そんなことは今に始まったことではない。官僚は家に帰るのは週1度、着替えを取りに行くときだけなどという話は以前から聞き及んでる。それも知らずに官僚といえば甘い汁だけ吸っていると思い込む大衆の愚か。

待て待て、1日って24時間だぞ。一月720時間として、仕事以外の時間が睡眠合わせて1日6時間ってどう言うことだ?

残業378時間する方もさせる組織も問題ではあるけれど、本質的な問題はそうせざるを得ない雰囲気を作って組織を追い込んだ国民と国民を煽りまくったマスコミなんだと思うけどな。

よう生きてるな 俺なら80時間でも保たんぞ

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認