「電気代8万円、ぎゃー」… 新電力料金急騰に利用者衝撃

「電気代8万円、ぎゃー」利用者衝撃 新電力料金急騰、想定外 背景にLNG不足

▼記事によると…

・「電気代が8万円になりました。ぎゃー」。編集局はインターネット上で悲痛な声を見つけた。使用量が大きく増えたわけでもないのに、料金が急騰したという。取材を進めると、声の主に電気を供給する新電力の電気の仕入れ値が跳ね上がっていた。2016年の電力小売り全面自由化以降、置き去りにされてきた制度設計の甘さも見えてきた。

広島市中区でカフェのハチドリ舎を経営する安彦(あびこ)恵里香さん(42)が1月下旬、会員制交流サイト(SNS)で苦境を訴えた。店の電気料金は8万円で前月の5倍。自宅の料金も約10倍に上がった。

3/3(水) 8:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/113b4b33383aff072fa344750484440d73bf567d

twitterの反応

ネット上のコメント

これって、例えば再生可能エネルギーだけにして、電力足らなくなった場合なども同じやと思う。常に一定の電力を一定の価格で使用出来るありがたみ

変動制のリスクやん 普段メリット享受してる分反動もあるよってことでしょ

なんと…

変動型って新電力会社でもみんなやってるわけではないし、今までは原料が安い時があれば恩恵を受けてきたのだから、可哀想ではあるが仕方ないよね。

夏場は太陽光発電で電気は確保できるけど、冬場はこうなるよね

取説読まずに文句言うタイプかと思ったら「変動は理解した上で契約」ってあるな じゃあただの感想ってことだね(^^)

そのリスクは端から承知の上でしょ。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認