【WTO事務局長選】韓国女性候補“自国優先”を公言「国益にかなうため、最善を尽くす」

【永田町・霞が関インサイド】“自国優先”の韓国女性候補…国際機関トップにふさわしいのか? WTO次期事務局長になれば「韓国の利益のため最善を尽くす」と公言!

▼記事によると…

・世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙の立候補受付が8日、締め切られた。現時点で8人が立候補しているが、韓国産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長と、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元外相・元財務相の事実上の一騎打ち。

・日本の外務、経産両省が注視しているのは、兪女史が出馬表明した際、「WTO事務局長になれば国益にかなうため、最善を尽くす」と語ったと韓国メディアが報じているからだ。

・自国の利益を優先すると公言している人物が、果たして国際機関のトップに就くことがふさわしいのか、との疑問符が付くのは当然。

・兪WTO事務局長になればパネル上級委員会(DSB)に事前介入するのでは、と経産省は危惧している。日本はヌゴジ女史に投票することになるはずだが、結果は9月初めに判明する。

2020.7.14
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200714/for2007140001-n1.html

世界貿易機関


世界貿易機関は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。
事務局長: ロベルト・アゼベド
世界貿易機関 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

常識人は思っても口にしない

WTO次期事務局長なんて、させたらアカンで!!!💢

国際機関のトップに立候補する人間が「自国(韓国)の利益に貢献したい」と公言した時点で落選決定です。

町議会選挙と同じだと思っているんだろーな。

対韓輸出管理は国防問題であり、この女がWTOの事務局長となったとしても、WTOの出る幕はない筈である。

各国を公平に見ずに、自国の利益のみを追及する国に世界単位のトップは無理だ。

WTOとWHOは日本の血税で支援するのに相応しいと言えるのだろうか?

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認