【九州豪雨】橋下徹氏「そもそも住む場所を変えていくことが必要」

橋下徹氏、九州南部の豪雨被害に「そもそも住む場所を変えていくことが必要」

▼記事によると…

・6日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、熊本県で25人が死亡するなどの被害が出た九州南部の豪雨災害について冒頭で取り上げた。

・この日の番組には元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が生出演。

・「今、被害にあわれている方には政治がお金を使って全力で復旧していくのは当たり前の話なんですが、今後、令和以降の時代を考えた際は一歩進めて、危険が生じたから逃げるでなく、そもそも住む場所を変えていくことが必要なのかなと。当然、反発は食らいますが…」と橋下氏。

・「危険地域からどう住まいを移ってもらうかという政治が必要です」とコメントした。

2020年7月6日 15時14
https://hochi.news/articles/20200706-OHT1T50100.html

橋下徹 プロフィール


橋下 徹は、日本の弁護士、政治評論家、タレント、元政治家。大阪維新の会法律顧問。東京都渋谷区生まれ。大阪市育ち。豊中市在住。 大阪府知事、大阪市長、総務省顧問、大阪維新の会代表、日本維新の会代表、同共同代表、維新の党共同代表、おおさか維新の会代表、同法律政策顧問などを歴任した。
生年月日:1969年6月29日 (年齢 51歳)
橋下徹 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

アホな💢💢💢そんな簡単に引越しできるんか。ボケっ😡😡😡

津波を中心に水害が直撃したら甚大な被害が出る咲洲に府庁移転させた人は言うことが違うなあ

いかにも自己責任論の橋下徹氏らしい。でも人それぞれ事情がある。それをわかって言ってるなら無神経。むしろ「そこまでいうなら橋下氏が金を出せ」と言いたい。

この人の考え方を集約させてるような発言やな...

災害大国の日本で安全な場所なんてないんだから、ダムを作るなどの公共事業で対応するしかないだろ。住む方が悪いって、どんだけ自己責任論が好きなんだよ。

自己責任論きました

日本列島は地震、台風、集中豪雨、大雪、津波、土砂崩れ、火山の噴火とぱっと思いつくだけでもかなりの自然災害に見舞われるが、その度に引っ越せと💢そしたら日本に住めなくなるわ

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認