“千年に一度という大災害に…議事録の作成を怠ったことは国民への背信行為” → 志位氏「恥ずかしくて残せなかったのでしょうね」

志位和夫氏のツイート

千年に一度という大災害に対して政府がどう考え、いかに対応したかを検証し、教訓を得るために、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為

確かに恥ずかしくて残せなかったのでしょうね。

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日:1954年7月29日 (年齢 66歳)
志位和夫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

災害時に高級料亭でメシ食ってた記憶しかない。

お仲間の立憲にいいなさい。当時は民主党ですよ。

菅さん、恥ずかしかったのかなあ。

そう、民主党は恥ずかしい党です。その党首を総理指名したのは共産党でしたね。

東日本大震災は民主党政権ですよ?

民主党政権であることが大災害でしたね。当時の民主党メンバーにいうべきかと。

うん、民主党だよな

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認