人件費・事務費に5億5000万円 加藤官房長官、学術会議予算“10億円”の内訳示す

加藤官房長官、学術会議予算の内訳示す 選定理由の説明などは拒否

▼記事によると…

・加藤勝信官房長官は5日午前の記者会見で、毎年約10億5000万円が計上されている日本学術会議の予算使途について明らかにした。

使途の内訳は、▽人件費などを含む政府・社会などに対する提言=2億5000万円▽各国アカデミーとの国際的な活動=2億円▽科学の役割についての普及・啓発=1000万円、科学者間のネットワーク構築=1000万円▽事務局人件費・事務費など=5億5000万円-だった。加藤氏は「委員の旅費もそれぞれの項目に入っている」と説明した。

2020.10.5 13:36
https://www.sankei.com/politics/news/201005/plt2010050010-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

加藤勝信


加藤 勝信は、日本の政治家、大蔵官僚。旧姓:室崎。自由民主党所属の衆議院議員、内閣官房長官。
生年月日:1955年11月22日 (年齢 64歳)
加藤勝信 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

このお金があればお困りの人達を助けられるのに。という発言があちらの界隈から聞こえてきませんね。何故なんだろうか。

もしこの深い闇を白日の下に晒すために、わざと数名任命しなかったとしたら、菅首相は、なかなかの策士かもしれません

中曽根さんの葬儀よりよっぽど高いですね。

説明を求めれば求めるほどヤバいネタが出てきそうw

提言2億五千万円(´・ω・`)事務費用5億五千万円て。。。

正に既得権益、くだらねぇなほんと

どんどん日本学術会議の暗部が明らかになってきますね

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認