【文科省】教師の免職増加で、“わいせつ処分歴”閲覧を3年→40年に見直す方針

“わいせつ処分歴”閲覧40年に 教師の免職増加

▼記事によると…

・懲戒免職になり、教員免許が失効になった教師の情報は、「官報情報検索ツール」を通じて、都道府県の教育委員会に提供される。

現在、こうした情報を閲覧できるのは、免許の失効期間の3年だが、文科省は、閲覧可能な期間を40年に見直す方針であることがわかった。

2018年度に児童生徒に対するわいせつ行為などで懲戒免職処分を受けた教師は163人で、過去最悪となっている。

2020年9月15日 12時33分
https://news.livedoor.com/article/detail/18900318/

教員


教員とは、学校をはじめとする教育施設で、在籍者に対して教育・保育をつかさどる職、または、その職にある人のことである。 多くの国々では、フォーマル教育において教職に就くには教員資格が要求される。 「教員」の類義語に、教師、教諭、教授、教官などがある。
教員 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

多すぎィ!😨

わいせつ行為してたら解雇してほしい

教師を採用する側もしっかりとこういったシステムを活用して身辺調査を行って頂きたいと思います。

ほぼ定年相当で草

解雇でいいと思うのですが…教育の場に戻ってこられることがおかしいと思います。

何故処分歴が消えるのかそもそもわからん。

それ以前に復帰させないで欲しい

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事