尖閣衝突事件の船長釈放、福山氏は明言避ける「首相がどう言おうが、そこは司法手続きの問題」

尖閣衝突事件の船長釈放 当時官房副長官の福山氏、「菅元首相の指示」に明言避ける

▼記事によると…

・立憲民主党の福山哲郎幹事長は8日の記者会見で、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した中国漁船衝突事件で、当時の菅直人首相が中国人船長の釈放を指示したとする前原誠司元外相の証言について、明言を避けた。福山氏は事件当時、官房副長官を務めていた。

福山氏は「(法相による)指揮権を発動したわけではない。首相がどう言おうが、そこは司法手続きの問題だ。指揮権発動以外、介入しようがない」と述べ、船長釈放に菅元首相の意向は反映されていなかったとの認識を示した。

2020.9.8 18:05
https://www.sankei.com/politics/news/200908/plt2009080071-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
生年月日:1962年1月19日 (年齢 58歳)
福山哲郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

モリカケサクラより、よっぽど悪質ですからね

こういう所がずるいんだよなー

モリカケソバとは比較にならない闇を感じる

説明責任あるよね、ちゃんとして下さい!

こっちの方がモリカケよりも闇深そうな案件だな

重要案件、もりとも、かけ問題を追求した説明責任を果たしてください。

いつもの説明責任は?

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認