【福岡】ネットもスマホもなく35年引きこもり… 両親を殺した61歳の告白

ネットもスマホもなく35年引きこもり 両親を殺した61歳の告白

記事によると…

・30年以上にわたって自室に引きこもっていた。同居の両親とも関わりを避け、DVDや漫画を見続ける毎日。

 苦手だった父が認知症になった。話しかけられることが増え、ストレスがたまっていく。

 ある夜、うっぷんが爆発して電気コードを父の首に巻き付けた。その様子を母が後ろから見ていた――。

 福岡市の住宅街にある自宅で、父親(当時88)と母親(同87)を殺害したとして、次男の被告(61)が起訴された。

 昨年12月、裁判員裁判が福岡地裁で始まった。

 大学を中退後、定職に就かずに実家で引きこもっていた被告。両親を殺害するまでに何があったのか。裁判でのやりとりから経緯をたどる。

(略)

2023年1月24日 10時00分
https://www.asahi.com/articles/ASR1K66XWQDVTIPE00P.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

引きこもり


引きこもり(ひきこもり、英: hikikomori, social withdrawal、引き籠もり)は、仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない(社会関係資本を持たない)状況を指す。日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を引きこもりと定義としている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

金づるというか自分の生きて行く糧だった両親殺したら年金来なくなるから本人も生きて行けないだろ。性格なのかなぁ?大学行ける知能は持ってたんだろうに。

『仙人』にはなれなかった様だ。

風格は大手企業の部長クラス

メガネが90年代のそれなんよ

おそろしい話。

やっと家から出たんだ。

仕事のストレスで禿げるのかと思ったけど、禿げる奴は禿げるんやな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認