米フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド「スプラッシュ・マウンテン」、描写が人種差別と批判受け閉鎖

米国で「スプラッシュ・マウンテン」終了、ファンが別れ惜しむ

記事によると…

・米ディズニーは先月、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド内のアトラクション「スプラッシュ・マウンテン」を2023年1月に閉鎖すると発表した。同社は、今から約3年前にこの乗り物の人種に関する描写が差別的であるとの批判を受けて、閉鎖を決めていた。

最終日となった22日には、多くのファンが最後の乗車を楽しむために来場し、現地メディアのオーランド・センチネル紙によると日中の待ち時間は最大220分にも達した。閉園時間の午後11時時点の待ち時間は3時間近くに及んでいたとされる。

ディズニーのキャストたちを乗せた最後の回が出発したのは翌23日の未明のことで、彼らは観客の拍手を浴びて送り出されたという。

(略)

1/24(火) 12:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/a070b713e39a11b6b6228733fc65392c4051aeda

スプラッシュ・マウンテン


スプラッシュ・マウンテンとは、ディズニーパークにあるアトラクションの1つである。ディズニー映画『南部の唄』がモデルになっている。
開業: 1989年7月17日
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

マジでディズニーランドすこしアタオカ

もはやプロレスの技名のみとなってしまうのか…

ウォルト・ディズニーも草葉の陰で泣くわ

理解不能😫

どうゆうこと?

ディズニーの終わりの始まりだな😑

もう夢も希望も無いなディズニー ポリコレ相手に媚び諂うだけの会社になるのか



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認