【週刊朝日】食感はほぼ桜エビで美味しい!ハエの幼虫は意外と美味!? → 養殖会社・木下社長「昆虫補完計画ですよ(笑)」

ハエの幼虫は意外と美味!? コオロギに勝る強みとは

記事によると…

・イエバエの幼虫(マゴット)を養殖するベンチャーのフライハイ(東京都渋谷区)は昨年、食用の「乾燥マゴット」を発売した。うじ虫というと汚いイメージがあるが、フライハイのマゴットは、豆腐屋から出たおからを食べて育った清潔な「箱入り虫」である。

・昆虫食業界の切り込み隊長といえば、コオロギ。最近はコオロギ粉末を練り込んだせんべいをスーパーでも見かけるが、フライハイの木下敬介社長によると、マゴットならではの強みは三つある。

(1)粉末にする手間が不要
(2)成長速度が速い
(3)水分の多い餌を食べる

・木下社長は意気込む。

「人間は様々な動物や植物や菌を手なずけてきたが、虫はカイコとハチくらい。衛生管理やアレルギーリスクなど安全性のガイドラインを整備し、昆虫も食材の選択肢として肉や魚と肩を並べられる社会になれば」「昆虫補完計画ですよ(笑)」

・第一歩が、昆虫食品を製造・販売するTAKEO(東京都台東区)とタッグを組んで商品化した「ちりめんマゴット」だ。山椒を入れて甘辛く炊いた見た目は、完全にじゃこ。

 恐る恐る口に入れると、味のクセはゼロで、パリパリした食感はほぼ桜エビ。月並みすぎる感想で恐縮だが、しょうゆ風味で普通においしい。食卓で冷や奴やサラダにパラパラとマゴットを振りかける未来、そう遠くないかも。

2023/01/20 06:00
https://dot.asahi.com/wa/2023011800062.html

昆虫食

昆虫食とは、ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることである。食材としては幼虫や蛹が比較的多く用いられるが、成虫や卵も対象とされる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

何故そこまで虫にこだわるんだ…

鉄鍋のジャン

虫よりも食料自給率増やす努力したい( ´A` ) これはつらい(´・ω・`)

虫食うぐらいなら家庭菜園頑張るわ

始まった…… そのうち食用ゴキブリとか開発される…

ワカサギ🐟釣りの🎣餌

そのうち粉末にして加工食品に混ぜそう あのキモいバッジつけてる系の意識高い人だけ食っとけ オレはそんなもん絶対食わん



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認