解熱鎮痛剤やせきを抑える薬が入手困難に… 厚労省がサポート相談窓口を設置

解熱鎮痛剤の入手支援 コロナ感染増で厚労省

記事によると…

・新型コロナウイルスの感染者増加などの影響で、解熱鎮痛剤やせきを抑える薬が入手しづらい状況になっているとして、加藤勝信厚生労働相は16日、医療機関や薬局向けに、卸売業者からの購入をサポートする相談窓口を設置したと明らかにした。「供給が円滑に行われるよう必要な対応をしていく」と述べた。

・解熱鎮痛剤などは需要の増加で各メーカーが限定出荷をしているとして、厚労省は医療機関や薬局に優先して供給するよう要請している。

2022/12/16 14:16
https://www.sankei.com/article/20221216-5JEXKRYR65PZHMH6WLHIPY53CU/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

厚生労働省


厚生労働省は、日本の行政機関のひとつ。健康、医療、子ども、子育て、福祉、介護、雇用、労働、および年金に関する行政ならびに復員、戦没者遺族等の援護、旧陸軍、海軍の残務整理を所管する。 2001年1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を統合して誕生した。予算規模は中央省庁の中で最大である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

普通に売ってたけれど🤔

またですか?(・_・?)

パブロンゴールドの買い占めが中国人に行われている影響でしょうか

普通に売ってるけど?

コロナのおかげで生産量が減っていたのではないだろうか。これからが稼働期で生産増願いたい。

また奴らの仕業か…

それは日本人が買ってるの?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認