中央日報「安倍首相の辞任、韓日関係改善の変曲点にすべき」

【社説】安倍首相の辞任、韓日関係改善の変曲点にすべき

▼記事によると…

・安倍晋三首相が28日、持病を理由に辞任の意向を表明。

・安倍首相の右翼路線と文在寅大統領の民族主義が正面衝突し、両国関係は1965年の国交正常化以降の最悪レベルに転落。

・韓日間で苦労して締結された軍事情報包括保護協定(GSOMIA)がいつ破棄されるか分からない危機を迎え、韓日米軍事協力に穴が開いた中、4日からは日本企業の資産現金化も可能になり、両国間の最大争点の徴用をめぐり破局が演出される懸念も強まった。

それだけに安倍首相の退陣は両国関係を復元する変曲点にしなければいけない。

2020.08.31 08:38
https://japanese.joins.com/JArticle/269686

安倍晋三


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、現職の内閣総理大臣、自由民主党総裁。自由民主党幹事長、内閣官房長官等を歴任した。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 65歳)
安倍晋三 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

「謝罪」「反省」のワードが出る限り平行線

先ずは約束を守れるようになれ、話はそれからだ!

次期総裁は、ほぼ菅氏で決まりです!この人は安倍政権の政策を引き継ぐので、対韓国政策はこれまでと何も変わらず続いていきますけど何か?

日韓関係改善を模索するのなら、旭日旗を含め韓国が克服すべき壁が高い。

対話云々をいうのであれば、1965年の日韓基本条約を韓国側がもっと真摯に受け止めるべきだ。

隣国だから仲良くしなければならない必要は無い。

無理した友好より冷徹な関係が日本には必要。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを