“必要な保護を行う”… 政府、外国人の生活保護定めた局長通知「見直す状況にない」

外国人の生活保護定めた局長通知「見直す状況にない」 政府が答弁書

記事によると…

・外国人への生活保護の取り扱いをめぐり、政府は4日、人道上の観点から「行政措置により一般国民に対する保護に準じて必要な保護を行う」とした1954年の旧厚生省の局長通知について、「現在においても、見直す状況にない」とする答弁書を閣議決定した。

参政党の神谷宗幣氏の質問主意書に答えた。

(略)

2022年11月4日 20時30分
https://www.asahi.com/articles/ASQC46HSDQC4UTFL013.html
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

生活保護


生活保護は、国や自治体が「健康で文化的な最低限度の生活」を日本国民に保障するためとして設けている公的扶助制度。日本国憲法第25条や生活保護法の理念に基づき、生活に困窮する国民に対して、資力調査を行いその困窮の程度によって、要保護者に必要な扶助を行い、最低限度の生活を保障するとともに、自立を促すことを目的とする。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こういうことは「検討」じゃないから腹が立つ。

法的根拠がないだろ。

ほんとガラクタだな…(-_-;)

選挙が怖くてできないと

何年放置する気だ?😒

もう期待を裏切らないね(皮肉)

その「当分の間」ってのが戦後からずっと続いてるんだが。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認