立憲・石垣のりこ氏、安倍首相への不適切発言を謝罪するも火に油状態

石垣のりこ氏 安倍首相への不適切発言を謝罪するも火に油状態

▼記事によると…

・《首相といえども「働く人」。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します。が、「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」を首相総裁に担ぎ続けてきた自民党の「選任責任」は厳しく問われるべきです。その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます》

・こうツイートしたのは立憲民主党の石垣のりこ参院議員(46)だ。

・批判を受けて石垣氏は、Twitterを同日22時すぎに更新。「当方所感」として、前ツイートの意図を記載した長文書面を投稿した。

・“病を抱える首相の働きやすい環境づくりを怠ったことへの批判”だと説明した

・いっぽう安倍首相に対して、「体を壊す癖」や「危機管理能力のない人物」と形容したことへの謝罪や説明はなかった。そのため、《凄いな。謝らないんだ》や《論点ずらし》といった批判が再び殺到。火に油を注いだかたちとなった。

2020年8月29日 19:48
https://www.excite.co.jp/news/article/Jisin_1889917/

石垣のりこ


石垣 のりこは、日本の政治家、アナウンサー。立憲民主党所属の参議院議員。 党県連合代表代行。1998年より約21年間エフエム仙台アナウンサーを務めた。
生年月日:1974年8月1日 (年齢 46歳)
石垣のりこ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

これまで主に与党議員の不適切発言に対する立憲民主党の要求は、謝罪や訂正で済む話ではなく原則的に議員辞職だったはず

反省する事を知らない人。反省できない人。頭も悪いけど、それ以上に人間性が悪過ぎる。

石垣のり子さんの不適切発言?に比べたら安倍晋三・自民党政権の度重なる国会での嘘発言どう責任を取ってくれるんだ?責任取ったことない[嘘つき安倍晋三]よ

否定しかできない目立つ野党は、現与党と同等に張り合う能力や活力をいつになると提示いただけるのでしょうか?国民は、日々見て聴いております。メディアもいい加減に成長してほしいものです。

辞意表明の会見での記者を見てれば本当によくわかります。 長期安定政権の総理だったのに記者と国民がここまで乖離してたとは、と唖然としました。

テレビ・新聞ではほとんど触れませんよね…オールドメディアの終わりですな…

他人の発言は「ヘイト」。自分の発言は「言論の自由」。こんなダブスタが様式美なので。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認