石川県・馳知事「移民政策、かじを切る段階」「人手不足は深刻」

石川県の馳知事「移民政策、かじを切る段階」「人手不足は深刻」

記事によると…

・石川県の馳知事は21日、福井市で開かれた中部地方の9県1市による「中部圏知事会議」で、深刻化する労働力不足の対策として「そろそろ移民政策にかじを切る段階だ。移民法の制定を強く主張したい」と述べ、移民受け入れに向けた法整備の必要性を強調した。

(略)

2022/10/22 07:16
https://www.yomiuri.co.jp/national/20221021-OYT1T50285/
読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

馳浩


馳 浩は、日本の政治家、教育者、プロレスラー、アマチュアレスリング選手。石川県知事。日本維新の会顧問。旧姓は川辺。 1984年のロサンゼルスオリンピックレスリング代表を経てプロレスラーとなり、新日本プロレス・全日本プロレスなどで活躍した。1995年に参議院議員に当選し政界入り。2006年にプロレスラーを引退。
生年月日: 1961年5月5日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

外国人に頼る事が日本人に不利益になる、安易に外国人に頼るべきではない。働きたい人は沢山いるはずですよ。

もう一度プロレスやってキチンとした汗を流せ。移民受け入れ国がどうなったか精査してから物を言え。馳さん。昔は随分とタニマチにも礼儀正しかったし気を配ってたのに。残念ですよ。

そんなものは要りませんっ💢

石川県、何故そうなる?

石川県もか…😰

安易な人材に手を出したら、後で高く付きます😰

馳はレスラー時代から、偉そうなことを吹くわりに中身が空っぽな男だったよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認