【琉球新報】「座り込みは思いを訴える平和的な手段」 辺野古ゲート前を訪れた東京の高校生ら、市民の思いを聞き取り

「座り込みは思いを訴える平和的な手段」 辺野古ゲート前を訪れた東京の高校生ら、市民の思いを聞き取り

記事によると…

・【辺野古問題取材班】和光高校(東京都)の2年生21人が13日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前のテントなどを訪れ、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に反対して座り込む市民の声を聞いた。

(略)

2022年10月14日 13:07(会員限定)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1599708.html

辺野古


辺野古は、沖縄県名護市の東海岸側、久志地区にある一地域。総面積10.83 km²だが、現在その多くの区域を米海兵隊の二つの基地キャンプ・シュワブと辺野古弾薬庫によって占有されており、かつまた宜野湾市の普天間飛行場の代替施設建設のため大浦湾の埋め立てが進められている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

琉球新報のヤラセ記事。高校生に、沖縄往復の高い旅費を簡単に払えると思えない。

ああ~、和光高校ね とっても左寄りで有名な…

日当が知りたい

座り込んでないでしょ

平和は無防備にするための方便。思いは無防備にして共産主義革命達成。

それだったら、キチンと座り込みをやるべきなんじゃないの?

はっはっは・・だったら黙って座れよ。ずーっと座るんだぞ。頑張れ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認