亀田興毅氏「ボクシングは苦しい状況にある」→ 井上尚弥選手「自分がそういうものにしたのによく言いますね」

「井上尚弥選手は確かにすごい。でも…」プロモーター・亀田興毅が語ったボクシング界の課題とは「他の格闘技に比べて、親切じゃない」

記事によると…

・元世界チャンピオンの亀田興毅氏は新ボクシングイベント『3150FIGHT』のファウンダー(創設者)として新たなチャレンジをはじめた。「ボクシング界の底上げ」を目指す新プロモーターが描く未来像とは――。

――とはいえ井上尚弥選手なんかは実力だけでなく、人気もすごいし、海外でも評価されています。国内でも大きな会場が満員になってますね。

井上選手は確かにすごい。でもそれは一部の選手であって、全体で見るとボクシングは苦しい状況にある。だからボクシングをもっと活気づけたい。もともとボクシングは歴史もあるし、スポーツとして認知もされています。ステータスがあるんです。でも他の格闘技と比べると、ちょっとハードルが高いというか、入りづらいところがある。そこを華やかにして、入口を広くして、ボクシングで稼げるとなれば、絶対にこっちに流れはくると思います。

――本当はもっと注目を集められるはずだと?

ほかの格闘技はイベントの作り方とか、SNSとかYouTubeの使い方とか、見せ方がうまい。第1試合からしっかり選手のストーリーを映像で紹介するとか。ボクシングと他の格闘技を両方見た人から話を聞くと、やっぱりボクシングのほうが「親切じゃない」って言うんですよ。

10/10(月) 11:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/e15cedb5d89ab1b4a020078ea354b167bf917650

↓↓↓

井上尚弥選手のツイート

井上尚弥


井上 尚弥は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級統一王者。世界3階級制覇王者。
生年月日: 1993年4月10日 (年齢 29歳)
出典:Wikipedia

亀田興毅


亀田 興毅は、日本の元プロボクサー、タレント。亀田プロモーション代表取締役社長。3150 FIGHTファウンダーK、3150ファイトクラブ初代会長。 大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。 既婚。4児の父。
生年月日: 1986年11月17日 (年齢 35歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

あ、試合後にリングで歌とか歌っちゃうふざけた兄弟の事です?

エンタメは所詮エンタメ 井上選手をはじめ中谷選手や若い年代にも本物のボクサーは居る バンタムでも実力のある本物なら破格のファイトマネーを得れるのも井上選手が示している 記者会見でパフォーマンスせずとも、試合後に歌を歌わなくても本物の試合には満足感がある 実力が全てでしょ

全くだ チャラチャラしたものに飛び付いても、結局ブームで終わるし、にわか新規は増えてもディープな古参ファンが離れたら意味がない❗️ ボクシングの魅力は泥臭さや地道な所にもあると思います。 このまままでは心配だけど💦

まぁ、基本的には親とテレビなんだけど、彼らが大人になってからの言動を見るとそう言われても仕方ないか😓

昇級後の亀三男戦への布石だとしたら凄い。亀田家と井上家の全面戦争。めちゃ盛り上がること間違いなし。結果は見えてるけど。

だんご3兄弟のことですね

コレが本物の火の玉ストレートか(; ・`д・´)ゴクリンコ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認