連合会長、自ら参列も国葬を批判「『1強政治のおごり』と言わざるを得ない」

連合会長、自ら参列も国葬を批判 「1強政治のおごり」

記事によると…

・労働組合の中央組織、連合の芳野友子会長は6日の中央委員会で、9月27日に営まれた安倍晋三元首相の国葬に参列したことについて「今回の国葬には問題があるとの立場に立ちつつ、弔意を示す一点においての判断だった」と理解を求めた。芳野氏の参列を巡っては、傘下の産業別労組が反対声明を出すなど、連合内で反発が出ていた。

芳野氏は政府が国葬を開催したことについて「法的根拠などの問題を抱え、国民の理解が広がらない中で行われる結果になったことを重く受け止めるべきだ」と批判。「国会の関与をおろそかにし、閣議決定だけで進めようとし、議会制民主主義や立憲主義を軽視した。安倍政権以降の『1強政治のおごり』と言わざるを得ない」と指摘した。

2022/10/6 14:21
https://mainichi.jp/articles/20221006/k00/00m/040/155000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

芳野友子


芳野 友子は、日本の労働運動家。2021年10月6日から8代目日本労働組合総連合会会長を務めている 。
生年月日: 1966年 (年齢 56歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ナニヲイマサラ…

みっともない…。

なんでこんなにみっともない人らが、多いんでしょうか・・・

少しだけ期待しただけにがっかり。

1強と言うか他が駄目すぎ

選挙の結果なんですけどね

一強政治って相手が頼んでもないのに崩れていった



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認