お気に入りのラーメン屋が閉店 → 「なんとなく死にたい」と語っていた“トー横キッズ”が1週間後に自殺

お気に入りのラーメン屋が閉店したから…「なんとなく死にたい」と語っていたトー横キッズが「自殺直前に話したこと」

記事によると…

・これまで筆者は風俗従事者の女性やホスト狂い、そしてトー横キッズに多く取材してきた。親のネグレクトや恋人からのDVなど、複雑な過去や事情を抱えた人ばかりだった。

(略)

・大人になり、私はトー横キッズのミキ(仮名・17)に出会った。彼女は母からネグレクトされ、母の再婚相手からは性的虐待を受けていた。家出をし、ネットカフェで暮らす毎日。生活資金は売春をして、得ていた。

夜になれば、仲間たちとストロング缶を飲み、市販薬の大量服用でハイになってそのまま路上で眠る。そんな破滅的な生き方を見て、筆者はいつしか、かつての自分の姿をミキに重ねるようになっていた。昨年の11月、歌舞伎町のラーメン屋で食事をしていると、彼女はこう笑顔で話した。

「毎日、そろそろ死んでもいいかな~と思ってるけど、ここのラーメン食えるなら生きてていいやって思う」

その店は彼女のお気に入りだった。ほとんど2日に1回通っていたし、私も週に1回くらいは一緒に食べに行った。当時は私も適当に相槌を打っただけで、いつも通りのことを言っているな、と流していた。その一ヵ月後、珍しくミキから電話がかかってきた。夜の22時を過ぎたころだった。

「あのね、なっちゃん(筆者のこと)とよく行ってたラーメン屋さん、違う店に変わっちゃうんだってー」

ミキが自殺したことを知ったのは、その1週間後だった。どうやら、最後の電話相手が筆者だったようだった。「なんとなく死にたい人」はSOSを発信しない。ほんの少しのトリガーでも、生きることへの意味を失う。生前、ミキと親しかったトー横キッズにこう話した。

「ミキが死んだのは悲しいけど、分かる。私も死にたいもん。私もいまの彼氏と別れたら、もういいかなって思ってる」

ミキと世界を繋ぎとめていたのは、トー横という場所、そしてお気に入りのラーメン屋だった。その「定点」を失ったとき、彼女はあっさりと死ぬことを選んだ。

10/3(月) 10:37
https://news.yahoo.co.jp/articles/325549cb80adb6920b2d057c8773c1b1dee13487

トー横キッズ


トー横キッズ(とうよこ・キッズ)とは、東京都新宿区歌舞伎町の旧新宿コマ劇場跡地に建設された映画館を中心とした高層ビル「新宿東宝ビル(TOHOシネマズ新宿)」周辺の路地裏(新宿東宝ビルの横=トー横)でたむろをする若者の集団のことである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

おじさんはお気に入りのラーメン屋が近くに出来て腹の肉と血圧が笑えない数字になってきて死にそうだよ

「私も死にたいもん。私もいまの彼氏と別れたら、もういいかなって思ってる」 理解のある彼氏による精神的支柱強すぎでは

何とも刹那的な、、、

映画のようだ、まるで映画のようだ、、

これ悲しいし避けがたい状況で起きたことだったのかもしれないんだけれど、もしたった一つこういう環境から脱出できる可能性があるとしたらそれは恋愛でも経済でも無いと思うんだよね。唯一の道は学問をして自分の感情を知り自分に起きたことを理解することだけだったろう。

悲しい

なんだこれは……。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認