【週刊実話】羽生結弦“中国媚び発言”に日本国民ドン引き…「政治を知ってほしい」と失望の声

羽生結弦“中国媚び発言”に日本国民ドン引き…「政治を知ってほしい」と失望の声

記事によると…

・国民栄誉賞も受賞した国民的英雄・羽生結弦に、日本国民から怒りと失望の声が相次いでしまった。

発端となったのは、9月29日に東京で行われた『日中国交正常化50周年記念式典』だった。この日は1972年、当時の田中角栄首相が訪中し、日本と中国の国交が正常化してからちょうど50周年にあたる日。東京では記念のイベントが開かれ、羽生は特別ゲストとして出席した。

・羽生
「本日は、日本と中国の国交が正常化した記念すべき日です。僕は仙台から来たんですが、このような式典に参加できて本当にうれしく思っています」

「今年の2月、僕は北京オリンピックに出場するために北京へ行きました。そこで中国の方々の親しみやすさと温かさに触れてきました。とても感動しましたし、皆さんの応援の力に背中を押していただきました」

「日本と中国は隣り合っているからこそ、もっともっといい関係でありたいですよね」

「もっともっといい関係になれるように、これからも僕も、役に立ちたいなというふうに思いました」

「あと5時間ほどで51年目の初日を迎えます。これからの50年も、ともに力を合わせて頑張っていきましょう」

・だが中国といえば、何かと日本への不当な政治干渉を続け、尖閣諸島や沖縄を巡って領土侵攻の野心さえも見せている〝ならず者〟国家。にもかかわらず、〝友好〟の名目で中国に媚びたような発言を繰り返したため、ネット上には、

《あまり喜べないお発言》

《少しは政治を知ってほしい 知っててしているのなら論外》

《現実を知るべし ふざけんな》

《もういい年なんだし、ウイグルジェノサイドとか知らない訳ない気がするが》

《羽生くんには百田尚樹先生の『禁断の中国史』を読んでほしい》

など、国民からの失望と怒りが相次ぐこととなった。

2022.10.03
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/80522

関連ツイート

羽生結弦


羽生 結弦は、宮城県仙台市出身のフィギュアスケート選手。現在はプロのアスリート。日本代表。全日本空輸 ANA所属。早稲田大学卒業。 主な表彰は2018年国民栄誉賞受賞。2020年最優秀選手賞受賞。2014年・2018年紫綬褒章。 主な戦績は2014年ソチ五輪・2018年平昌五輪2大会連続オリンピック金メダリスト。
生年月日: 1994年12月7日 (年齢 27歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

社交辞令

確実にファン減ったな

媚も何も…式典挨拶の定型文まんまじゃん(゜゜)

がっかりだよ

これ批判すんのはさすがに酷でしょ。仕事で行ってんだし本音はどうあれこういう風に言っとかないとまずいでしょ。こういうイベントで開口一番「中国大嫌い!ふざけんな!」とは言えんでしょ。中韓となるとアレルギー的に反応する保守もどうかと思うよ。

プロ転向した羽生君も稼がないとね。

単なる挨拶じゃねえかw



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認