【政府検討】出産育児一時金の財源、75歳以上の高齢者も負担へ

出産育児一時金の財源、75歳以上の高齢者も負担へ 政府検討

記事によると…

・岸田政権が増額方針を示している出産育児一時金について、政府は必要な財源の一部を高齢者にも負担してもらう検討に入った。これまでは原則、加入する国民健康保険や企業の健康保険組合などが支払い、75歳以上の高齢者の負担はなかった。

少子化が加速する中、幅広い世代で負担し合う仕組みへと転換を図る。

9/28(水) 20:18
https://news.yahoo.co.jp/articles/09b701406932ba64f20aa3ac179df607f67f41f0
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

出産育児一時金について


A1:妊娠4ヵ月(85日)以上の方が出産したときは、一児につき42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.8万円(令和3年12月31日以前の出産は40.4万円))出産 ...
出典:全国健康保険協会

ネット上のコメント

外国人に財源を使いすぎて、日本人の負担が増えるっていう、謎の政策を続ける政治家。

孫のためだと思えば・・・^^;

まあ現役世代はもう限界に近いからな

いやいや…給料、手取り無くなっちゃうよ!

子供いないし自分が明日生きるだけで精一杯なのに🥺

消費税何のために10%にあげたんだよ

聴く力どこいった…?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認