朝日新聞『首相祝う横断幕、役所が掲げるのはアリ?』→ 高須院長「我が国の総理の業績を祝うのに何の問題があるのか?」

高須院長のツイート

何がいけないのか?

我が国の総理の業績を祝うのに何の問題があるのか?

公費投入の愛知トリエンナーレの反日プロパガンダ作品展示に疑義の声を上げなかったメディアの姿勢はダブルスタンダード。

高須克弥


高須 克彌は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。タレントとしてはオールアウトに所属。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も歴任した。
生年月日:1945年1月22日 (年齢 75歳)
高須克弥 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

国の長ですけど…

それぐらい祝ってあげてもいいと思いますよ。そこまで国民は鬼じゃない。

私、安倍さん大好きです。気持ちはお祝い気分で満ち溢れてます。でもわが街の市長さんが同じ様な記録を立てられ市役所前に横断幕上げたらどうなのかなと思います。

マスコミは、安倍政権を倒せない野党を叩くべきですね。

問題のない事をさも大多数が問題視してるかのように見せて、話を大きくしていくやり方ですね。

すべての人の賛同を得るのは難しいけどそれにしても何でもかんでもケチつける人が居るんですね。

どこの党とか関係なく、政治家も称賛されるべきだと思うのです。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします