【女性自身】国葬会場前で“安倍元首相の顔面に射的”パフォーマンス…「倫理観ズレすぎ」「ドン引き」と批判殺到

国葬会場前で“安倍元首相の顔面に射的”パフォーマンス…「倫理観ズレすぎ」「ドン引き」と批判殺到

記事によると…

・賛否を呼んだ安倍晋三元首相(享年67)の国葬が27日、日本武道館で執り行われた。会場内では友人代表の菅義偉前首相(73)の弔辞や皇族方の供花などしめやかに進むいっぽう、会場外では国葬反対派のデモ内で目撃された“パフォーマンス”が波紋を呼んでいる。

・《国葬会場の前でやってる国葬反対デモを見に来たんだけど、安倍晋三を的にした射的をやりはじめる人たちが出てきてヤバすぎる盛り上がり方してる》

併せて、安倍元首相の顔写真がプリントされたTシャツを着た人を的に水鉄砲のようなものが向けられている写真も投稿された。

この投稿をした茂木響平さんに話を聞くと、一連の様子について、こう語る。

「デモ隊の行進が国葬会場近くの九段下あたりまで来たタイミングで、射的のパフォーマンスをする人々が現れました。おそらく、もともとこうしたパフォーマンスをしようという目的でデモ隊に混じっていたのでしょう。かなり注目を浴びていて、警備にあたっていた警察とも小競り合いのようになっていました」

さらに国葬会場の近くまで進むと“安倍元総理を的にした射的の屋台”が出店されていたという。

茂木さんはその状況を《国葬会場前、安倍元総理を的にした射的の屋台が出店されていて、通行人が普通にやりはじめている。いくらなんでも怖いよ…》とツイート。あわせて投稿した写真には、まるで縁日の射的の屋台のように安倍元首相の顔写真が板上に並べられ、そこにおもちゃの鉄砲のようなものを向ける人の姿があった。

「デモ隊のなかで“射的パフォーマンス”が始まった当初は、周囲も国葬反対派ばかりなので『もっとやれ!』という反応の人もいました。けれど、屋台は反対派以外の人々も目にしていたので、さすがに引いている感じがしました。通行人のなかには子連れの人もいましたし……。いっぽうで、射的を撃ちたがる人も結構いました」(茂木さん)

茂木さんがこれらの様子を写真付きでTwitterに投稿するとすぐに拡散され、批判の声が相次いだ。

9/28(水) 11:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/08f133911445c8df8c53a7afb4123578d3237395

国葬


国葬とは、国家に功労のあった人の死に際し、国家の儀式として、国費をもって行われる葬儀のことである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

賛成派も反対派もいろんな意見があるのは当然。でももし我が子がこんなことしてたら引っ叩くわ。他人が見ても下品で見苦しい。昭恵夫人が見たらどう思う?

「アベガ―」は反アベ無罪のカルト集団です。感覚が一般人と異なるのは、本人が気付くこともなく「敵は邪悪な存在であり、自分達の行動が世界を救う」と思想改造されているからです。程度の差こそあれ、日本のマスメディアも国民に全く同じことをやっています。気付くことです

低能・と言うか、行儀が悪いと言うか、親の顔を見たくなる(本当は見たくもないが…)

コイツら、自分の家族や親友なんかの葬式で、目の前で同じ事されても笑ってられるのかね?下品にも限度ってもんがあるわ。

これが反日極左の連中の正体。凶弾に倒れた方に対しこんな事するか?

「こんなあたおかなヤツらと一緒にされたくない」と思って、国葬反対って言えなくなるんだよなぁ…(白目)

反対にかこつけてやっていいことと悪いこと区別つかないなら、賛成してる人たちと大差ないよ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認