福岡法務局「ヘイトスピーチ」認定 桜井誠氏の九州朝鮮中高級学校近くでの選挙演説

福岡法務局がヘイトスピーチ認定 「在特会」元会長の街頭演

▼記事によると…

・福岡法務局は、日本第一党の桜井誠党首=元在日特権を許さない市民の会会長=が2019年に北九州朝鮮初級学校(北九州市八幡西区)近くで行った街頭演説を「ヘイトスピーチ」に認定した。学校関係者によると、人権救済を申し立てた学校側に26日、調査結果の報告があったという。

・初級学校の尹慶龍(ユン・キョンリョン)校長は「当時、子どもたちは泣きながら職員室に駆け込んできた。ヘイトと認めながら人権侵犯と認めない部分は納得がいかない」と述べた。

8/27(木) 20:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/2ca106fbcf007b8006895413013643e9bd0e8a44

桜井誠


桜井 誠は、日本の政治活動家、文筆家、政治団体「日本第一党」党首。「行動する保守運動」代表。「在日特権を許さない市民の会」元 会長。 韓国をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」の管理を行っていた。
生年月日:1972年2月15日 (年齢 48歳)
桜井誠 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

なぜ反日の言動はヘイトスピーチにならないのか。冷遇も差別だが優遇も差別。

理不尽に日本から連れ去られた拉致被害者が全員戻って来ていない現実の中で多くの日本人が言いたかった事を桜井氏は代弁してくれただけ。日本人が声を上げるとヘイトだと言って排除する事に真の日本人は憤慨している筈。私は日本人として福岡法務局を日本人差別と認定します。

こんなやつに18万票も入ったことを恥じた方がいい。票入れた奴は論外。

この演説が良い悪いは敢えて言いませんが、反感、反中、反朝鮮ばかりヘイトスピーチとして認定されていることに疑問と怒りを感じます。そもそも国家はそのジコクミの為にあるものです。

桜井 誠氏への攻撃が始まった。よほどメディアや親中、親韓寄りの法務局は彼を疎ましいようですね。

あえて自分より弱い子どもたちを選んで攻撃しにいく大人ってほんとなんなんだろう。

日本第一党を是非知ってください。 こんな悪くさせるメディアのニュースとは実際は逆なので。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認