二階俊博氏「媚中派とかいうけど中国と話できなくてどうすんだ」

二階氏「媚中派とかいうけど中国と話できなくてどうすんだ」日中関係50年支える“議員外交”

記事によると…

(前略)

・さらに日中関係を重視する政治家への「媚中派」「朝貢外交」との批判がインターネット上などで強まっています。

自民党 二階俊博氏
「媚中派とか何とか言うけど、中国と話できなくてどうすんだと、言ってるお前は中国の誰と話できるんだと。中国のどの発言、どの態度が悪いって言うなら、一言抗議にいけるかって」

二階氏は近隣の大国である中国と本音で語り合える関係こそが重要なのだと強調します。

自民党 二階俊博氏
「50年って言ったら長い年月だけども、(日中の関係を)大きく捉えたら、短い期間とも言えるんですね。日本は中国なしに、やっぱり国際社会でやっていけないでしょう。中国との関係っていうのは深いでしょう。こういうことをやっぱり忘れたら駄目ですよね」

9/22(木) 12:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/4231726524a24639c001de3c9625d72f9ca57cfb

二階俊博


二階 俊博は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、志帥会会長、自由民主党和歌山県連会長、全国旅行業協会会長、自由民主党政務調査会観光立国調査会最高顧問、自由民主党国土強靭化推進本部本部長、自由民主党2025年大阪・関西万博推進本部長。
生年月日: 1939年2月17日 (年齢 83歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

相手国の言うことを聞いてばかりではいけません。こちらからも言わなければなりません。

二階さんはどのラインまで許すか許さないか、を駆け引きで決めている気がします。世界はそんな単純ではないし…。偶に良い事を仰るし、偶にですけど(^◇^;)

開き直ってる〜!

ミサイル打たれてるやん

話して分かる相手ならな💢

媚びるなら何も意味はない。

話 す 必 要 が な い



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを