5歳児餓死「ママ友」に懲役15年(検察側求刑:15年)

【速報】”ママ友”に懲役15年判決 5歳児餓死

記事によると…

・福岡県篠栗町でおととし、母親を支配し当時5歳の男の子を餓死させた罪に問われている“ママ友”の赤堀恵美子被告に(49)に福岡地裁は懲役15年の判決を言い渡しました。

9/21(水) 15:04
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ef8a8f5f658bfee2cd2fc1318035a60fc56714d

動画を見る

篠栗町


篠栗町は、福岡県の町。糟屋郡に属す。 福岡都市圏の一部である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

求刑通りの判決は中々ないから、裁判官もよほど頭に来ていたんだろうな。

どうせ控訴したりするんだろうな。腹が立つ!

もはやママ友ではない

色んな意味で大佛を思い出した。

受刑者の服役中の食事は、刑期を全うできる最少限度の摂取カロリーにし、飢えの苦しみを骨の髄まで味わって頂きたい。

ここ何年も被害者や遺族の人権を踏みにじるような腑に落ちない判決ばかり聞かされた 久しぶりに真っ当な判決を聞いた気がする

良識ある正義ある判決だな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを