矢沢永吉さん、大型台風接近の福岡PayPayドーム公演を“決行” → “帰宅難民”続出に「無責任」「ロックじゃない」と批判向く

矢沢永吉、台風下のコンサート強行で“帰宅難民”続出に「無責任」「ロックじゃない」YAZAWAに批判向く

記事によると…

・9月19日、依然として猛威をふるい続けている大型台風14号。各都道府県の交通機関、また各種イベントの開催に影響を与えている中で、福岡県福岡市の『福岡ペイペイドーム』コンサートを強行したのが矢沢永吉だ。

矢沢サイドは前日の18日時点で、最終的は判断は当日としながらも、《『矢沢さん!中止しないでください!』『開催して下さい!』というお声がものすごい数のメールが届いております。》と、強行開催の正当性をアピール。

続けて、チケット購入者へのお願いとして、参加を断念するファンに対しての返金手続きをするとしつつ、参加希望者に対しては、

《ご来場いただく方は、ご自身の判断で必ず安全を確保できる方、帰路につける方のみご来場ください。決してご無理なされず、ご自身で判断してください》

参加条件として、終了後に自力で帰宅できるファンのみとするアナウンス。つまりはコンサート参加は“自己責任”としたのだった。

(略)

レコード関係者
「コンサートに参加するのはファンだけではありませんからね」

「会場設営や来場者の整備など、大勢のスタッフやアルバイトがいてこそ成り立つわけで、来場者に“自己責任”を強いるのならば、主催側が運行バスを出したり、たとえば終了後のドームを避難所として使えるように調整したりと、まずは安全の確保を最優先とすべきでした。以前に『SUMMER SONIC』でのコロナ禍での“声出し”をめぐって、L'Arc~en~Ciel・HYDEさんの対応が賞賛されましたが、ファンの安全と安心を考慮した、責任ある大人の言動だったと思います」

9/19(月) 12:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/eaa7b7b97fb2dab80c95b128496573e0abe74a08

矢沢永吉

矢沢 永吉は、日本のロックミュージシャン。広島県広島市仁保出身。身長180cm、血液型はB型。
生年月日: 1949年9月14日 (年齢 73歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

たぶんYAZAWAは批判されるのがロッカーの矜持だ、と真剣に思ってそう👽

ある意味伝説になって⁉︎良かったやんw『自己責任』使い勝手の良い言葉だよねw

帰りは大変なのは行った方もわかってた事じゃないかな。昔HKT公演がEXILEのドームツアーと重なってバス乗れず歩いて博多駅に歩いたことあります ただ途中屋台でおでんとビール頂きました

これはちょっと、開催を強行した矢沢永吉さんには失望しました。ファンの安全を第一に考えない人がロックとか言わんで欲しい。

自己責任の意味も分からない人間が多すぎる。きっと学校や会社でも、全て他人の責任にする自己中な人間が多いのでしょう。えーちゃんも気の毒です。

永ちゃんのコンサートはファンクラブも抽選に漏れることが多々あるプラチナチケットだ。ファンの声に耳を傾け、防災対策を講じての開催であり、批判者は僻み根性の輩だけ!

帰宅難民続出!?確かにタクシー列長かったけど、並んでた人はみんな乗れたはず!!列に並ばず近辺にいた人は、元々ホテル取ってない人!!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを